KANUSUBA ZAMAMI

『世界が恋する』海と自然に溶け込んだ
ハイセンスなご滞在をお約束いたします

五感に寄り添う座間味時間を

ここは座間味ではあるけれど、一歩足を踏み入れてみると、今までの座間味にはない。アカバナー(ハイビスカス)の原種が迎える座間味屈指のリゾートホテル「KANUSUBA~カーヌスバ ザマミ~」は、島の方言で『井戸の傍』の意。その名の通り、ホテルの横には井戸があり、ホテルが井戸に寄り添うように立っています。島内に約11ある井戸の中でも特に神聖な井戸との云われもあります。座間味の偉大なる神の井戸の傍らに寄り添いながら旅人を受け入れる、『KANUSUBA』ならではのお客様に寄り添うもの達をご紹介します。

love zamami

ここでしか起こりえないすべての出逢いへの感謝とともに、奉仕できることに喜びを感じて。
座間味の偉大なる神の井戸の傍らに寄り添いながら。

座間味島はラムサール条約の登録地となり、世界中の美的景観を推奨するミシュラン・グリーンガイドにおいて、座間味島および古座間味ビーチには二つ星が付きました。

こうして世界中に知れ渡った「別天地」は、海外からも注目され始め、「世界が恋する島」と言われるまでになったのです。

自然に恵まれ、温かな島人(しまんちゅ)の人柄にも触れられる、唯一無二の素敵な島、座間味。

私たちは「『世界が恋する』海に相応しい、自然に溶け込んだハイセンスな時間が過ごせる宿泊施設を提供したいと思っております。

※「ラムサール条約」イランのラムサールという都市で締結された条約で、湿地の「保全(・再生)」と「賢明な利用」そして、これらを促進する「交流、学習」。この3つを基盤とした条約です。これらの条件も含めて、座間味島を含む慶良間諸島は国立公園に指定されました。